パソコン自作の誘惑 

 オーディオPCが欲しい  


 日経WinPC2008年5月号を買う。
 特集に、『史上最大のPC自作プラン20 』がある。

 今までにパソコンのメモリー増設やHDD交換PCIボードの増設などは経験してきたが、一からの自作は経験がない。
 
 小さい頃の“科学少年” は、ラジオの製作や模型飛行機などに没頭した。
 物が無かった時代の楽しみでもあった。
 『子供の科学』は毎月楽しみに読んだものだ。

 鉱石ラジオから音が出てきたときの喜びは、無いものばかりの時代では嬉しいものだった。
 短波放送を受信しようと、生半可な知識でアンテナを設置。
 高圧線の側に設置して電力会社から注意されたことも・・・・

 そして、真空管ラジオは高校生時代。
 ラジオクラブで あれこれの真空管をいじり回した思い出が蘇る。

 時代は全てがICと プロセッサとソフトの時代。
 素人が自作を楽しむ時代は遠のいた・・・・


 だが、最近パソコンの自作の時代になったようだ。
 部品の価格低下と標準化でアマチュアがパソコンを自作できるような時代へと変化している。
 秋葉原のパソコンショップには自作用のパーツが溢れている。
 中古部品も多い。
 それだけ、自作ファンが多いということでもあろぷ。

 そして、PC自作を標榜した雑誌も多数である。

 今回の日経WinPCの特集には、

 o あなたが組みたいプランが必ず見つかる(048p)
 o WinPC史上最多の10の自作プランを掲載!
   さらに、秋葉原のパーツショップ10店のお薦めの自作PCプランも紹介。
   超定番から個性派仕様まで、とくとご覧あれ!(048p)
 o 春の定番3プラン(048p)
 o 目的別 ・ 用途別5プラン(048p)
 o 限界に挑戦!極貧/ブルジョアPC (048p)
 o 人気ショップのイチ押し構成10例(048p)
 
 などなどがある。
 魅力満点だ。


b0133710_16161740.jpg



 私の狙い目は『オーディオPC』。
 デジタル化した 現在のオーディオ・シーンにパソコンは欠かせなくなってきた。
 旧いパソコンを iTune や Media Player として専用機にしてはいるが・・・

 自作で本格的な『オーディオPC』に挑戦してみたい。
 これからの楽しみだ。
by ex_comocomo | 2008-04-07 16:16 | パソコン関連 | Comments(0)
<<  ノラ・ジョーンズ初出演   菅野 沖彦氏に学ぶ(その2) >>