人気ブログランキング |

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019」を聴く


「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019


フランス発、世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019」が、201953日~5日まで東京国際フォーラム、丸の内エリア等で開催される。


「ラ・フォル・ジュルネ」はフランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭。毎年テーマとなる作曲家やジャンルが設定され、複数の会場で約45分間のコンサートが朝から夜まで繰り広げられるというものだ。

若手から大御所まで幅広く演奏家が出演し、5日間で300公演が開催される。入場料は安価で、好きなコンサートを選んで1日中音楽の楽しさを満喫できる。

そのユニークさが他国にも広がりを見せ、2005年からは東京でも「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」がスタート。毎年ゴールデンウイークの定番イベントへと成長した。


「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019」のテーマは、「ボヤージュ旅から生まれた音楽(ものがたり)」。

「ラ・フォル・ジュルネ」を企画したルネ・マルタン(アーティスティック・ディレクター)によると、”さまざまな時代の作曲家たちが旅先で得た刺激の下に書き上げた名作の数々が主役となって、音楽祭を華やかに彩る”とのことだ。


 毎年聴きに出かけているが 今年は5月3日に出かけた。 東京駅に着いて KITTE館に立ち寄る。
 ここでも、関連の演奏が行われている。


b0133710_14115423.jpg
上記パンフレットのように 鈴木浩司のヴァイオリンと城 綾乃(ピアノ)演奏だ。

参考:鈴木 浩司

愛知県立芸術大学卒業。2008年神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団、2012年から2016年まで同楽団のフォアシュピーラーを務める。2007年JTアートホールアフィニス主催「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」に出演。2011年アジアフィルハーモニー管弦楽団の韓国、日本、中国公演に参加。2012年「みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.37」に出演。アフィニス夏の音楽祭に2014、2015年と参加。また、弦楽アンサンブル「石田組」の公演に多数出演など、精力的に幅広く演奏活動に取り組んでいる。これまでに、篠崎永育、篠崎美樹、故山本由香子、大谷康子、服部芳子、Ewald Danelの各氏に師事。

城 綾乃(ピアノ)

        西宮高等学校音楽科卒業、東京藝術大学音楽学部

第8回(Austria)・第12回(Deutch)EURO FESTIVAL,Kors muzyczny in Biarystok2003(Poland)に参加、ディプロマ取得。JPTA第20回ピアノオーディション合格、入賞者演奏会に出演。第7回ショパン国際ピアノコンクールin Asia第1位。第5回安川加壽子記念ピアノコンクール入賞。平成19年度公共ホール活性化事業フォーラムアーティスト。これまでに藝大フィルハーモニア(指揮:小田野宏之氏)、日本センチュリー交響楽 団(指揮:飯森範親氏)、センチュリーユースオーケストラ(指揮:小田野宏之氏) と共演。現在ソリスト、室内楽、伴奏ピアニストとして活動、また後進の指導にもあたってい る。


























b0133710_14355094.jpg
 さて、お目当ての演奏は
b0133710_14114470.jpg
b0133710_14120386.jpg

11314:15-15:15 (60’)モーツァルトとプラハ”より

 アンヌ・ケフェレック(p, ニコラ・バルデイルー(バセット・クラリネット)

 シンフォニア・ヴァルソヴィア,ミハイル・ゲルツ(指揮)

 モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503

 モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調 K.622

 これは、モーツァルトの才能を高く評価した街、プラハの聴衆に捧げられた名曲

b0133710_14350615.jpg
 アンヌ・ケフェレック(p)の演奏だったが、これは少し期待外れ。 大ホールの演奏向きではない。

 次は、11416:30-17:15 (45’)の ラフマニノフ~アメリカでの挑戦”

 ネルソン・ゲルナー(p)、タタルスタン国立交響楽団, アレクサンドル・スラドコフスキー(指揮)

 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調 op.30

 ラフマニノフが自身初のアメリカ演奏旅行のために書き下ろした“演奏至難”の協奏曲!だ。

 演奏のネルソン・ゲルナー(p)はアルゼンチンの人にしてはとても小柄な人で、最初は心配だったが演奏は期待以上のもので素晴らしかった。 会場は割れるような拍手であった。


 彼は、1969年、アルゼンチンのサン・ペドロ生まれ。同世代中、傑出した才能を持つピアニストのひとりとして定評を得ている。5歳でアルゼンチンのホルヘ・ガルッバのもとでピアノを開始し、ブエノス・アイレス高等音楽院でフアン・カルロス・アラビアン、カルメン・スカルチオーネに師事。1980年に生地でコンサート・デビューを果たし、1986年にブエノス・アイレスで開かれたフランツ・リスト・コンクールでは第1位を獲得。ゲルナーの才能を認めたマルタ・アルゲリッチから奨学金を授けられ、ジュネーヴ音楽院でマリア・ティーポに師事した。1990年、ジュネーヴ国際コンクールで第1位に輝く。

b0133710_14351271.jpg

http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=264/


b0133710_14344895.jpg
b0133710_14350015.jpg



by ex_comocomo | 2019-05-04 18:23 | クラシックの楽しみ | Comments(0)
<< Daphile インストール ... SMPD 更なる進化 : ラズ... >>