Lvpin LP-2020A と LXA-OT3

Lvpin  LP-2020A と LXA-OT3

 夏場にデスクトップのアンプにディスクリート型の従来のアンプでは温度が上がりすぎる。 省エネのデジアンにしようと、安価なLvpin LP-2020Aを購入した。 
 Lvpin LP-2020A は、 Lepai LP-2020A の後継品と考えられる。 これらは色々な名称で売りだされているようだが、心臓部は TripathのTA2020 というチップをもつデジタルアンプだ。 購入したものはACアダプター込みで¥1100。 送料込みで¥2000だったから文句はない。 このアンプから案外良い音が出る。 音はユーザーの好みや聴き方にもよるが・・・・・デスクトップ用には十分だろう。 中高音の分解能もそこそこである。 歪みも少ないようだし、繊細で柔らかく美しい。 こんな価格でよくここまでの製品に仕上がっていることに驚く。 デジタル時代の恩恵を享受しよう。 
 ( ただし電源のON-OFF時に ポップノイズが出るのが欠点。 )
 もちろん、大型のシステムで良質なアナログ音源を聴く時にはレガシーなシステムがいいと思う。
画像

 なお参考にデジタルアンプの基本的な考え方を以下に示す。
  
画像

 一方、 LXA-OT3 であるが・・・
 購入以来ケースにも入れないでそのままにしてあったが、これをケーシングして遊んでみることにした。
 ケースは古いUSB HDDケースの余ったものを流用することにした。 大きさ加減がちょうどいい。
 ケースの厚みが少なく、LXA-OT3のスピーカ端子の高さが邪魔になる。 そこで、このスピーカ端子を取外し直出しで取出すことにする。 ただし、このスピーカ端子の取外しには注意が必要である。 下手をすると基盤側の出力端子を壊してしまい音が出なくなることがあるのだ。
画像
       【 基盤端子取出し部(SP端子取外し状態) 】

  背面の端子盤には電源端子も取り付けた。 極力、既存の基盤を改造しないで済ますための工夫である。 
画像
       【 ターミナル取出し部(SP端子&RCA端子および電源端子) 】

画像
       【 内部配置の状態 】

 ケーシングが出来上がったところで音出しをする。 特に問題なく音出しは出来たが、音の変わる要素を少し試してみる。 音を左右する要因は色々であるが、まずはOPアンプだ。 デフォルトのOPアンプは 4558Dである。
 NJM 4558D は往年の名石である。 音のまとまりはいい方だ。 音が前に出てくる感じであるが中高域の粗さも感じる。 と、いうことで手持ちのOPアンプと交換して違いを聴いてみた。あくまで、個人的な感想である。( 最近少しずつ耳が悪くなってきている。老化現象(-_-メ )

◎ NJM5532DD
 デフォルトの 4558D よりも音の輪郭がはっきりとした感じがする。 この石も往年の名石、老兵いまだ健在というところか・・。 まとまりは良好で音が一歩前に出てくる。 高域が若干つまり気味で、解像度も今となってはもう一つの感じがするのはやむを得ない。
◎ OPA2134PA
 こちらもオーディオ機器などでよく使われているオペアンプ。 自然な感じで脚色がほとんどない音である。 音の抜けが良く、ジャンルを問わず使える感じ。 充分リファレンス用途までいけそうである。 音が品良くまとまるので、デスクトップ等で使うのに適する。 優等生のOPアンプである。
◎ LME49720
 これもいいOPアンプだ。 素直で中域から低域まで音が出る感じがする。 高域はうっすらとフィルターが掛かっている感じ。 一音一音が際立ち美しく響く。 音場が広く歪み感がない。 クリアで生気もある。 これも優等生。
◎ MUSES8820
 評判のOPアンプである。 音楽再生を意識したオペアンプで、アコースティックの音が立体的に出る感じ。ふくよかな低音の量感とキレの良さを併せ持つ優れたOPアンプだ。 音が一歩前に出てくる。 やはり、高域は少しフィルタが掛かった感じだが、心地よく聴ける。 流石に中々良いOPアンプである。
 ・・・と、いうことで取敢えずはこのOPアンプを常用することにした。
 
画像

 
画像

 この LXA-OT3 はオペアンプの特性がそのまま反映する感じ。 遊ぶには面白いアンプである。




by ex_comocomo | 2014-08-16 15:26 | オーディオ関連 | Comments(1)
Commented by 通りすがり at 2014-08-20 12:31 x
LvpinはLepaiのコピー品のようです。
<< Interface 9月号は買... ヘイリー・ロレン の 「青い影... >>