イスラエル出身の若手ピアニスト Roy Assaf 

Roy Assaf : Guardian Angels

 Jazz Bar 2013 にとられている曲の一つが、NYで活躍するイスラエル出身の若手ピアニスト Roy Assaf の Guardian Angels。 彼の演奏は滑らかさとキレのよさが表裏一体に備わった素晴らしいもの。
 潤いたっぷりの澄み切ったタッチによる、ブルース・フィーリングな演奏は好感が持てる。
 ある意味、オーソドックスで親しみやすい現代的なハード・バップ奏演である。 彼の顔を見ると良く分かる。 表情は演奏を彷彿させるのである。 自然な演奏でありながらドラマティックな展開を見せる。 渋くて上品な余韻を残す演奏は素晴らしい。 上記の曲は CDは RESPECT からの一曲。
 演奏は Roy Assaf(p) 、Reuben Rogers(b) 、Greg Hutchinson(ds) である。 2011年アメリカ作品だ。

画像


 彼のHPはここにある。
画像

http://www.royassaf.com

 アルバムも多そうだ。
画像


 Blue Note New Yorkでの演奏の模様が YouTube に出ている。
Roy Assaf New Trio - Blue Note New York

by ex_comocomo | 2014-03-16 10:08 | JAZZの楽しみ | Comments(0)
<< NYで活躍する MIWA YO... BILL RISBY という ... >>