人気ブログランキング |

ラトック、自作用USBオーディオキット発売 - DSD対応USB-DDCなど

ラトック、自作用USBオーディオキット4製品 - DSD対応USB-DDCなど

 今まで好事家が趣味で開発してきたDSD関連の装置をいよいよメーカーが発売し出した。
 ラトックシステム(株)である。 このラトックから自作用PCオーディオキット「Audio kit」の4製品が発売されるという。
 ラインアップは
 1.) DSD&192kHz/24bit対応USB-DDCキット: REX-K24192DSDU ¥OPEN(直販サイト価格29,800円) 2013年10月中旬
 
b0133710_933333.jpg

 http://www.ratocaudiolab.com/product/kit/rex_k24192dsdu/

 2.) REX-K24192DSDU用D/Aコンバーターキット: REX-K1792DA1 ¥OPEN(直販サイト価格34,800円) 2013年10月下旬

 
b0133710_9342093.jpg

http://www.ratocaudiolab.com/product/kit/rex_k1792da1/

 3.) 96kHz/24bit対応USB-DACキット: REX-K2496U ¥OPEN(直販サイト価格12,800円) 2013年10月中旬
 4.) 48kHz/16bit対応USB-DACキット: REX-K1648U ¥OPEN(直販サイト価格7,980円) 2013年10月中旬
 である。

 「REX-K24192DSDU」はI2S/DSD信号の入力が可能なDAC基板との組み合わせを想定したUSB-DDCキットとなる。DSDネイティブ再生はDoP方式で対応し、5.6MHz/2.8MHzの再生が可能。 また、PCM音源については192kHz/24bit対応で、PCMとDSDが混在した再生環境でも、切替えノイズなしで再生することができる。  RAL-RbOSC1Kなどのルビジウムクロックを入力可能なBNC端子を搭載。実装基板には、インピーダンスコントロール済の4層基板を採用する。質量は約70g。
 「REX-K24192DSDU」用のD/Aコンバーター「REX-K1792DA1」は、DSD 5.6MHz/2.8MHzのデジタル入力に対応。PCMは192kHz/32bitの再生に対応する。D/AコンバーターはTI製PCM1792を採用。
 I/V変換部のオペアンプは交換可能。また、DAC制御用のSPI入力にも対応する。回路ブロックごとに独立してLDOによる電源回路を搭載。インピーダンスコントロール済の4層基板を採用する。出力端子はアナログLR(RCA)×1。質量は約70g。

 いよいよ、この分野がおもしろくなる。
by ex_comocomo | 2013-10-11 17:47 | オーディオ関連 | Comments(0)
<< USBワンセグチューナを使った... DSD関連基板を譲ります >>