人気ブログランキング |

Rastemeから、ついにDSD対応DAC発売

Rasteme DSD対応DAC UDAC32RD 発売

 Rastemeは コストパフォーマンスのよいオーディオ機器を販売してくれる。 私は現在、RDA-212をサブシステムのアンプとして使用している。
 このメーカはOEMメーカでもあるが、規模が小さな会社であるから固定費や経費が少なく済むことから価格以上の高性能の機器を発売していると信じている。 マニアにとってはありがたい存在である。

 画像今回、待望のDSDネイティブ再生に対応したD/Aコンバータ「UDAC32RD」を発売した。
 デジタル入力×3系統、アンバランス出力、ヘッドホン出力搭載である。
 このDACはDSDとPCMに対応した高音質D/Aコンバータで、DSD入力はDSD2.8MHz(DSD64)/5.6MHz(DSD128)のDSFフォーマット、DFF/DIFF(DSDIFF)フォーマットに対応している。
 ASIO 2.1とDoP(DSD over PCM)の両方に対応し、Foobar2000などのDSD対応ミュージック・プレーヤーを使用することで、DSDネイティブ再生を可能にしているものだ。
 さらに、PCM入力(USBオーディオ、光入力、同軸入力)は192KHz/24bitのハイレゾ音源に対応している。

 この機器の出現でいよいよDSDネイティブの再生が本当に安価に楽しめるようになるといってよいだろう。
 世の中には未だ、DSD対応のDACが少ない。 あっても比較的高価だ。 特に大手のメーカはDSD-DACを安価に供給しようとしない。 その理由は・・・あるのである。
 だが、Rastemeはやってくれた。 この価格でも立派なDSD-DACを市場に出すことは可能なのである。

 さて、「UDAC32RD」は、 Asynchronous (非同期式)モードと高精度±1.0ppmのTCXO(温度補償型水晶発振器)により高サンプリング、高ビットレートの音声データを劣化なく処理。 そのために、高精度±1.0ppmのTCXO(温度補償型水晶発振器 (-30℃~+85℃) を実装しているのだ。
 内部に2個の独立した±1.0ppm TCXO (24.576MHz / 22.5792MHz) を搭載しており、24.576MHzでは48KHz、96KHz、192KHzの音楽データ周波数に対応し、22.5792MHzは44.1KHz、88.2KHz、176.4KHzの音楽データ周波数に対応することでピュアなサウンドを創り出しているという。

 DSD/USBオーディオ信号は絶縁されており、パソコンからの5V電源リップルノイズを遮断。 ASIO、WASAPIにも対応し、高音質な音が楽しめるようになっている。
 ASIO 2.1とDoP(DSD over PCM)の両方に対応しているので、Windowsでは「Foobar2000」など、またMACでは「Audirvana Plus」などのDSD対応の音楽プレーヤーを使用することで、DSDネイティブ再生が可能だ。

 画像DACの心臓部であるDAC ICにはTI社製オーディオ用DAC IC「PCM1795」を搭載。 32bit処理を行うことで、24bitのデータを確実に処理し、”ビット落ち”による音声劣化を防いでいる。 内部基盤を見ると造り込みも素晴らしい。 ライン出力には音声劣化の少ない金メッキ仕様のRCAステレオジャックが奢られている。 また、ライン出力にはDAC出力側に電子ボリュームICが搭載されている。
 もちろん、ヘッドフォンアンプとしても使用も可能で、ヘッドホンアンプICにはTI社製TPA6130A2が使用されている。
 USBオーディオはWindowsでは、XP / Vista / 7 / 8 に対応(32/64bit版専用ドライバ付属)、MACでは、OS 10.6.3以降のMAC OS標準USBオーディオドライバに対応し、最大192KHz / 24bitに対応だ。 Windows用専用ドライバはASIO に対応し、Vista / 7 / 8 ではWASAPI も使用可能。 
 その他、SMV(Smoothing-Volume)技術 により、ボリューム値の微調整が可能で、従来のアナログボリュームのように音量が急激に変化することがなく、心地よい音量を維持できるという。
 いずれにしても、素晴らしい機器がリリースされた。 早速注文しなくては・・・・・

 機器のブロック図を以下に示す。
画像


 http://www.rasteme.co.jp/product/audio/udac32rd/udac32rd.html
by ex_comocomo | 2013-05-21 16:06 | オーディオ関連 | Comments(0)
<< DSDネイティブ再生 (ama... Linux用音楽再生ソフト D... >>