人気ブログランキング |

ノートPC液晶表示不良修理


工人舎 EW1H56Fの修理

 主に居間でネット用に使用しているノートPC ( 工人舎 EW1H56F ) の液晶がチラつきだした。
 使用中にひどくチラチラするので落ち着かない。 全体機能は問題ないので単なる表示不良と思われる。
 さっそく点検することにした。 

 仕様を紹介しておくと・・・・ 

 CPU:AMD Mobile Sempron 3200+ (1.6GHz/Socket S1)
 メモリ:1.0GB(DDR2-SODIMM/2スロット/最大4GB)
 HDD :60GB (2.5インチ/SATA)
 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(ATAPI)
 液晶表示:15.4インチワイド光沢(WXGA/1280x800)

 このノートPCはオークションで安く手に入れたもので液晶表示が明るいのが使いやすいので、チョット使いには便利である。 

 画像さて問題の液晶だが、まずは上半身のベゼルを外さなければいけない。 外すのは液晶カバーのネジ隠しを探すことから始める。 このように、枠にあるゴムを外すと、そこにネジがある。 このネジを外して慎重に枠のベゼルを外す。 これには無理をすると割れるの充分注意して外すことである。



 画像問題は下部の取り外し。 ここを取り外すのが一番注意を要するところ。






 
 画像この部分に液晶制御ユニット[インバータ]がある。 
 メーカー: TDK
 型番 : TBD281NR-2 ( LCD Inverter )を使った E168066 である。
 この制御ユニットの接触不良が液晶のチラつきの原因である可能性が高い。 
 コネクターを慎重に取り外し各部分の清掃と配線のチェックをして元に戻す。

 画像電源を投入してみると~~~~直りました。 一面、むら無く表示されています。
 というわけで、修理完了です。 
 制御ユニットの故障ではなかったようなので案外簡単でした。
 これでまた暫らく快適に使うことができます。 



参考 :
 TDK 型番 : TBD281NR-2 ( LCD Inverter )
 画像








 E168066
 画像
by ex_comocomo | 2012-04-24 19:12 | パソコン関連 | Comments(0)
<< LPレコードのデジタル化(18... 超小型Linuxマシン >>