今年のバイロイト音楽祭 NHK FM 年末番組から・・

NHK FM バイロイト音楽祭2011

 今年も残り少なくなった。 東日本大震災をはじめとし激動の年であったと思う。 政治が一段と混とんとしてきた。 何と政治家のレベルが低いのだろうと呆れ果ててしまう年でもあった。 いろんな意味で後世に残る年であろう。
 ところで、今年も例年の通り、バイロイト音楽祭2011が放送される。
 例年と違って今年はワーグナーのリングはFMでの放送がない。

 予定は以下のようになっている。

 12月26日(月)NHK-FM 午後9:00~午前1:00 タンホイザー
 12月27日(火)NHK-FM 午後9:00~午前2:00 ニュルンベルクのマイスタージンガー
 12月28日(水)NHK-FM 午後9:00~午前0:40 ローエングリン
 12月29日(木)NHK-FM 午後9:00~午前1:40 パルシファル
 12月30日(金)NHK-FM 午後9:00~午前1:30 トリスタンとイゾルデ

 全演目放送を今年も録音するつもりだ。
 毎年、年末に放送される「バイロイト音楽祭」の録音は私の楽しみの一つだ。
 広大な広がりを持つワーグナーのオペラの世界。 今年は音楽祭開幕から135年となる。

 なお、BSプレミアムで 
 12月28日(水)ミラノ・スカラ座の演奏で「ラインの黄金」が放映される。
 指揮はバレンボイムである。 もはや大家となったバレンボイムの指揮に期待がかかる。
 フルトヴェングラーもカラヤンもいなくなった。マゼールは評価が分かれる。
 レバインもいいかしら・・

 b0133710_9574465.jpgなお、録音に使用したFMチューナは Pioneer F-120D である。 一昨年メーカー調整に出したので今でも健在だ。 録音のソフトは Sound it! 。 録音は FMなので 16Bit 96kHz で行った。
by ex_comocomo | 2011-12-29 15:49 | クラシックの楽しみ | Comments(0)
<< 川上さとみ というジャズ・ピアニスト Album of the Ev... >>