Kona Linux 4.0 blackjack final 版は素晴らしい

Kona Linux 4.0 blackjack final版は素晴らしい

 Kanzouさんの 「LinuxでCD音楽再生 Debian編」  http://kanzou5.seesaa.net/ にも詳細が記述してあるが、Kona Linux 4.0 blackjack のFinal 版は素晴らしい出来上がりだ。
 最近はシングルボードPCを使ったMPDに素晴らしいものが発表されており、それはそれで本当に頭が下がるくらいに感謝して使わせてもらっている。 SMPD, ArchBotic, Archphile, lightMPD等々どれも素晴らしい出来上がりだと思う。
 一方でPCを専有するものは少々使いにくいのか人気がイマイチのような気がするが、ここで紹介するKonaLinux Blackjack final版も 素晴らしい出来上がりである。
 PCの専有の件については、私は外付けHDDからのブートでこの問題を解決している。 すなわち、USB接続の外付けHDD(またはSDD)にKonaLinux Blackjack をインストールし、起動時にこちらを選んで使用するようにしている。
 さて、Kona Linuxには 作者の更新情報がアップされている。 最新版は 2017/10/31 更新情報 https://docs.google.com/document/d/11Db6HCC-X25rH_INhkw5G4gofliGM7GU9MWsmzZpWHA/edit  である。

 ちなみに、[2017/10/20] の『blackjackの修正と設定について』という記事にはつぎのようにある。
 更新履歴ファイルの[2017/10/16]の修正は必ずかけてください。
 設定項目が増えていますがデフォルト状態で使ってなんの問題もありません。
 複雑な設定をいじる必要もなければすべてを理解する必要もありません。
(注1) デフォルト状態でしばらく使ってみて音に不満があるならいじってください。
(注2) この修正でデフォルトのリアルタイムプライオリティの変更をしていますがこれが適中しました。
     
 よりピュアな音になりました。
 (注1) 作者もデフォルト設定で使っています。(笑い)
(注2) 出口の見えない深い森に足を踏み込む覚悟が必要です。 そのとき頼りになるのはあなた自身の耳だけです。(笑い)

 作者の言葉を信じて私はこの設定にしている。
 更新情報2017/10/6「Kona Linux 4.0 blackjackの使用上の注意点」は重要である。
 なお、「blckjackが向いていないユーザー」の記事も面白い。

参考:
 私のKona Linux インストールマシンは自作の FOXCONN-G45 。CPUは C2D E8400、RAM8GB。 160GB HDDである。

 1.ダウンロードとインストール
 ダウンロードは以下のサイトから行うとよい。
 Index of /livecd/konalinux/4.0 http://simosnet.com/livecd/konalinux/4.0/?C=M;O=D
 32bit版は「konalinux-4.0-blackjack_i386.iso」、64bit版は「konalinux-4.0-blackjack_x86_64.iso」をダウンロードする。
 私は64bit版をダウンロード。
 PCへのインストールは外付けHDDをつないだ状態で、ダウンロードしたimgファイルをSDカードに焼いたものを使い、行った。
 指示に従いインストールするが、インストールするドライブを間違えないように十分気を付ける。 (事前にドライブの名称と容量をきちんと把握しておくこと。)
 私の場合 外付けHDDは sdd となっていたので、ここにインストールした。
 なお、Grubをどこにするかは重要な点であるが、これもsddに入れた。
 インストールが終了すると再起動である。
 その後指示に従い、有用なアプリやrtカーネルのインストールを行う。ここまでが実質的なインストールになる。
 一度終了し、再起動するとアップデートが行われる。その後各種の設定を行う。
 やはり、シングルボードコンピュータのMPDに比べると少し面倒ではある。

2.各種の設定
 設定を開いて以下のような設定などをデスクトップに配置する。これらの設定をひとつずつ設定する。
 1.)JackAudioモード設定 更新情報2017/10/6「Kona Linux 4.0 blackjackの使用上の注意点」の基本どおりにハイブリッドモードにする。( 残りはデスクトップモードテキストモード )

 『 [2017/10/6] Kona Linux 4.0 blackjackの使用上の注意点』に次の記述がある。
 設定について blackjackは非常に複雑な設定をもっていますが、blackjackは初期状態で使用するのがベストでなにも設定をいじる必要はありません
 [立ち上げて最初に行うこと] デスクトップモードをハイブリッドモードへ変更する。
 使用しているdacに合わせてqjackctlでインターフェース、サンプルレートを設定する。
 サンプルレートはdacの対応する最大値に設定する。
 dacを使わないならサンプルレートは192000に設定する。
 サンプルレートを変えるとaudaciousの設定を変える必要がでてくるかもしれません。
 なおqjackctlの変更をシステムに反映するにはqjackctlを再起動してシステムをリブートしてください。
 このままで使うことにする。

 2.)Jackデーモン起動モード
 モードが以下の4つある
 「foreground after desktop」
 「foreground before desktop」
 「background after desktop」
 「background before desktop」
 デフォルトの「foreground after desktop」とする。

 3.)リアルタイム優先順位の設定 
 jackデーモン,mpd,プレイヤーの優先順位の設定である。
 最新版では デフォルトの優先順位が49,48,48 となっている。

 4.)音質の設定
 「音質の設定」で「音質」は「高」、「CPUクロック制御→可変」「テキストモードを最高音質にする」「Jackデーモン起動レベル→レベル1」「クロックソース→tsc」とした。

 5.)QjackCtl
 サウンドとビデオ の項目でQjackCtlを デスクトップに配置する。
 設定を開いて パラメーターの項目でインターフェースでDACを選択する。
 サンプルレート:48000, フレーム:1024, ピリオド2,とし、 Advanceの項目の出力デバイスで再度 DACを選択する。
 ここまで設定してPCを再起動する。

3.音が出ないときのJack調整
 このままの設定では音が出ないことがある。
 この時は 一度QjackCtlを終了し、デスクトップに配置したQjackCtlをクリックしてQjackCtlを再起動する。

 このKonaLinux 4.0 blackjackは作者の執念が込められている感じがする。
 他のディストリも同様であるが音楽が好きなんだろうと思う。
 無料のディストリをこうもハイレベルまでチューニングして使いやすく提供してくれることに感謝とともに驚きを覚えるのである。
 確かに設定選択肢の多さには少し悩まされるが、上手に使えばハイエンドPCオーディオが実現できるのであるから使わせてもらうしかない。



[PR]
by ex_comocomo | 2017-11-17 09:47 | オーディオ関連 | Comments(0)
<< 2017年、今年のPCオーディ... ザ・グレン・ミラーオーケストラ... >>